チャネリングは危険?安全なやり方はあるの?

チャネリングは、高次の存在であるガイドからメッセージを受け取ることが出来るので、
スピリチュアルな分野の事に関心がある方の多くが、ヒーリングとともに大変興味をお持ちになります。

私も、スピリチュアルな世界に足を踏み入れてから、
ヒーリングとチャネリングは同時に興味を持ちました。

チャネリングでは、ガイドからメッセージを受け取ることが出来るので、
いざという時に、正しい道を選ぶことが出来るようにもなります。

また、ガイドの目的は地球上で生きている人たちが、
人間的にも霊的にも成長するためのサポートなので、
チャネリングができるようになると、自分自身の変化、成長を感じやすいです。

ただしそれは、正しく高次元の存在につながればこそ得られる恩恵なのです。
チャネリングには危険があるということは、多くの人が言いますが、確かにそうなのです。

間違った方法をとれば、危険なことになってしまうというのを、
私は何度も目の当たりにしてきました。

チャネリングがどのようなものかと言うと、
広義では物理的な方法以外で何らかの情報、エネルギーなどを得ることです。

例えば遠隔ヒーリングで離れた場所にいる人の情報を感じ取ったり、
インスピレーションで情報を得たり、芸術家が「降りてきた」というものも、チャネリングの一種なのです。

何らかの意識を持った存在と繋がるものだけが、チャネリングというわけではないのです。
ここで重要になってくるのが、どんな存在と繋がるかということです。

チャネリングにはいろいろな方法があり、
そのすべてが高次元の存在と繋がる安全なものばかりではないのです。

ここでは、意識を持った存在にチャネリングする場合の危険性と、
安全にする方法があるのかについてお伝えします。

チャネリングには大きく分けてふたつの方法があります。

それがダイレクトチャネリングとインダイレクトチャネリングと呼ばれる方法です。
ダイレクトチャネリングはアンコンシャスチャネリング、
インダイレクトチャネリングはコンシャスチャネリングとも呼ばれます。

こちらがフルトランス状態になって、自動書記をしてもらったり、
話をしてもらったりするものがダイレクトチャネリングです。

それに対してインダイレクトチャネリングは、
まるで会話をするようにして情報を得るタイプのチャネリングの方法です。

どちらの方法でも、まずはどこのどんな存在につながるのか決めることが重要です。
やり方によっては、悪意をもった意識体や霊的な存在と繋がってしまうこともあるわけです。

よく知られているところだと、こっくりさんなどの降霊術がそうです。

とてもお手軽に出来る、霊的な存在とのコミュニケーションの方法ですが、
決して高次元の、人にとって有益な存在と繋がるものではないので危険があり、注意が必要なのです。

また、高次元の存在だと思っていたら、名前や身分を偽っている
危険な下級霊だったということもあるのです。

実は、もともとチャネリングの能力が高く、自然に出来ている人に、
こういうことが起こることが多いのです。

このようなことがないようにするために、
チャネリングを安全に、確実に出来るようにするためのメソッドがあります。

正しい方法さえ知っていれば問題はないのですが、
それを知らずに危険なチャネリングをする人が多いのです。

私がお伝えする方法は、歴史の古くから受け継がれ、
シンプルに確実な方法として確立したものです。

チャネリングで高次元のガイドと繋がることで得られる恩恵は、
計り知れません。

ぜひ、あなたもアチューンメントでチャネリング回路を開き、
安全で確実なメソッドを身に着けて、その恩恵を受け取ってください。

 

メルマガ登録

 

 

 

 

関連記事

  1. エネルギーを感じるには

  2. チェックしてください

  3. 素敵な伝授を本当に、本当に、ありがとうございました!

  4. あと3日で大幅値上げになります

  5. チャネリングとヒーリングの組み合わせ、すごい効果でした!

  6. チャネリングで変わるあなたの毎日

  7. 限界突破と意図

  8. チャネリング

    チャネリングのやり方は?練習方法は?