チャネリングは嘘?信憑性はあるの?

チャネリングは嘘?そもそもチャネリングって何?

チャネリングとは目には見えないエネルギー的な存在にコンタクトを取って、アドバイスやメッセージを受け取るものが良く知られます。歴史の古くから古文書や文献でシャーマンや預言者たちが受け取っていたご神託と呼ばれるものなどは、典型的なチャネリングの一種です。

日本で伝えられる恐山のイタコや霊媒師もチャネリングだという事が出来ます。

一般的な感覚でチャネリングを見てみれば、神様や天使と会話をしたり、宇宙人からメッセージを受け取るというのは、確かに嘘のように感じられて、疑いたくなるのも分かります。元々、私自身がチャネリングなんて嘘に決まっている、と左脳型思考で否定していたぐらいですので。

チャネリングの語源はチャンネル:channnelで、元々は水路や通信路を開いたりパイプで通したりする事や、無線やテレビなどの周波数、チャンネルを合わせる事を指す言葉です。

その後のスピリチュアルブームに乗って今では目に見えない存在につながることを意味するようになりました。その対象は神や天使、アセンデッドマスターなどの高次元存在、妖精や精霊、動物霊、死者の霊、宇宙人など多岐にわたります。

何か繋がる対象を決めて、エネルギー的なパイプを作る事をチャネリングだとすると、スピリチュアルなメソッドとして知られる遠隔ヒーリングもチャネリングによって行われていると考える出来ます。

また過去や未来など時空を超えた出来事に意識のフォーカスを合わせて情報を読み取ることもチャネリングだということが出来ます。これは今生だけでなく、過去生や未来生といったものも視ることが可能です。過去生を視るものでよく知られるものにヒプノセラピーがあり、これは世間的にも認知度が高くて信憑性もあると考えられることが多いようです。

さて、このチャネリングを「そんなのは嘘だ」「チャネラーや霊媒師が思いついたことを言っているだけだ」と考える人もいます。私も目に見えないものを信じる方ではありませんでしたので、チャネラーや霊媒師の言葉は全部嘘だとまで思っていました。

ですがスピリチュアルな分野のことも量子物理学によって解明されつつある今、チャネリングをはじめスピリチュアルなことが完全に嘘だとは言い切れくなってきているのも事実。ここで視点をより広げてみてチャネリングも嘘ではなく、本当の部分もあると考えてみると、一気に視野が広がることでしょう。

私がチャネリングとかヒーリングとか超能力とかは嘘だと考えていたように、同じように嘘だと捉える人も、相変わらず私の周りにもたくさんいます。ですが、そういう方たちも、神社にお参りに行ったりして目に見えない存在は認めているので、ちょっと面白いですね。

チャネリングは嘘だといえる根拠

実は、この根拠は私が過去に考えていたことです。チャネリングなんて嘘、胡散臭いと考えていた時の事です。単純に論理的に考えてみると、おかしい部分があるのです。

私はその頃、人間が神様と喋れるなんてありえない、という考え方をしていました。しかし、実をいうとこれは、そのとおりなのです。この世界には次元というものが存在します。点の1次元、線の2次元、立体の3次元と言われます。上の次元から観れば下の次元は認識できますが、下の次元から上の次元は認識が出来ないのです。

ですので、高次元のガイドと人間という、違う次元の存在同士が意思の疎通を図るということは論理的に考えれば、出来るはずがないのです。後にこれを可能にする方法を知ることになった時は、その方法の簡単さに「嘘やん!」とつい言葉が出てしまったのですが・・・(笑)

チャネリングは嘘じゃない?

私たちは3次元の肉体を持った物理的な存在です。ですが物理的ではない感情や意識といったエネルギー的な部分も、今持ち合わせていますね。そして地球上で生きる人の多くが魂の存在は認めています。魂があるなんて嘘だ、という人は少ないようです。魂という私たちの高次元部分は、いつも私たちと重なりあって存在しているのです。

人間が高次元部分を今、この瞬間に持ち合わせているということに気付いた時に、私の左脳思考の概念が崩れて、チャネリングは絶対に嘘だとは言えなくなりました。しかも、自分で気付いてしまったのです。

私たちは自分の高次元部分である意識や感情、そして魂とは切り離すことができない存在です。ヨガの世界でも肉体と精神と意識といい3つの側面が取り上げられますが、人間は認識できるのが低次元のみであり、実際にその上の高次元部分の自分自身も持ち合わせています。

この時点で、高次元の意識体の存在自体を嘘だとは否定できなくなるのですが、次に問題になってくるのが、どうやってその高次元の部分を使う事が出来るのかということです。人は瞑想状態にあるときなどは、意識レベルが変わって通常とは違った意識状態になることがあります。これを変性意識とよぶことがありますが、この通常とは違う意識状態の時には、普段は感知できないエネルギー的な何かを感じ取ることがあります。

また、その後私が学んだチャネリングの方法では、あるやり方で高次元部分の自分に立ち戻ってチャネリングを可能にします。こうして、正しい方法を使うことで人間が次元の高い意識体から情報を受け取ることが可能なのだと理解する事ができました。

次元の高い意識体の事を高次元ガイドと呼びます。それとは対極の存在として悪霊や悪魔といった存在もあるのですが、そのような存在は人が望んでメッセージやアドバイスを求めるべきではないと考えます。ですので肉体を持たないエネルギー的な存在をここでは高次元ガイド(以下ガイド)とします。

意図する

チャネリングをする時に、テレビや映画でみたような魔法陣や祭壇を使う方法もあります。これによってエネルギー的な部分へ働きかけて望む効果を出そうとするのです。高次元ガイドに繋がるために必要なエネルギーを、並べたり書いたり、または唱えた真言、マントラによって作り出そうとする、もっともよく使われる方法です。

しかし、スピリチュアル世界でチャネラーと呼ばれる人々の中には、そのような道具などを使うことなくチャネリングをします。これは、「意図」する力によってチャネリングをします。

人が意図する力は絶対的なエネルギーの強制力があり、その通りの変化を起こします。ちょっと不思議に思えるかもしれません、私は成功哲学などにも興味があったので、人の意識がどこに向くかで起こる出来事が変わるのを知識として持っていました。ポジティブ思考がポジティブな出来事を引き寄せ、ネガティブ思考がネガティブな出来事を引き寄せるという、引き寄せの法則がこれに当たります。

これを調べていくうちに、成功哲学ともスピリチュアルとも違うところでそれを裏付けることになりました。それが量子物理学です。スタンフォード大学やハーバード大学、アリゾナ大学などで研究されて科学的にエネルギーや高次元部分の意識などが実証されてきています。。

それが、人がどこかに意識を向けた時に何もない空間にエネルギーの並みの状態だった素粒子が、物質化して周囲の空間に影響を及ぼすと言うものです。また、さらにその時に人がどう意図したかによってエネルギーの方向性が変わることも分かってきています。

人が何かを意図すれば、物質的な変化を起こすことは難しい場合が多いのですが、エネルギー的な変化は確実に起こります。そこへの否定的な考えが全くなければ、それだけエネルギーは確実に働くことになります。

チャネラー

あるチャネラーの場合

チャネラーが、高次元のガイドと繋がる時には、まず意図する力によってガイドと繋がるのだと分かりました。私は疑問に思ったら解決しないと気が済まないので、実際に人づてに本物だと言われるチャネラーにコンタクトをとって会いに行きました。その人はもともと幼い頃からチャネリング能力が開いていると言う人で、特に強く念じたりすることなく、ガイドを呼べばその瞬間に現れる、と言っていました。実に簡単らしいのです。

これも、まずは疑いました。何か嘘もあるのではないかと。(笑)
ですがチャネリングする時に、その人の白目の部分が青く変色するという物理的な変化を目の当たりにして、信じないわけには行かないような気がしていました。また、その場の空気感が大きく変わったのを感じ取ったのを覚えています。

このチャネラーは実際に、意図することによってエネルギーのパイプを作って、すぐにガイドと繋がることが出来るのです。ですが気をつけなければいけないことがあると言っていました。自分が怒っていたり悲しんでいたり平常心でない時には、ガイドとは違う存在が近寄ってくるそうです。

中には、ガイドではない低級霊などが、その名前のガイドだと嘘をついて近づいてくることもあるとも言っていました。

イニシエーション

イニシエーション

ここまでくると、チャネリングを嘘だと考えるのが、逆に難しくなってきました。ガイドの存在自体は実際に見たり聞いたり出来ないのですが、ガイドとのチャネリングが始まると物理的な変化が起こることも、いくつもの事例を見ることになったからです。

そして私は自分自身がチャネリングを出来るようになって、自分自身で本当に嘘なのかどうかを検証しようと考えるようになりました。そこで、いろいろなチャネリング講座などを調べましたが、どうも曖昧なことやチャネリングには直接関係がないことを教えているところが多いように思いました。しかも、あらかさまに嘘っぽい雰囲気のところもあり、かなり迷いました。

先ほどのチャネリングをするときに白目が青くなるチャネラーの場合は、生まれつきだからどうやっているのを教えるのが難しいといっていました。ですが、そのチャネラー友達から海外ですが、預言者やシャーマンといった由緒正しい血統のチャネラーがいるとの話を聞き、そこまで行ってイニシエーション(儀式)によってチャネリング能力を開くということをしていただきました。

そして実際にチャネリング能力を開いてもらうことで、確かになんらかのエネルギー的な存在を感じ取ることが出来るようになりました。

チャネリングは嘘だと証明できない

チャネリングを深く知れば知るほど、嘘だということはできなくなり、できないと言うほうが不思議になっていました。科学的にも高次元というものが存在し、そこには意識があるというところまで、現代科学で分かってきています。その存在の定義自体は神や天使などのように私たちの固定概念に当てはめていて、どの存在が何次元と決めるような部分については正直なところ固定観念や主観によってなされていると感じられますので、あまり参考にはしていません。

嘘や偽りなく、固定観念も外したところで確実に言えるのは、人間が3次元の肉体を持ち、4次元の意識や感情を持ち、5次元以上の高次元部分で魂があるということです。

そして、意図すればその時点で高次元の存在とのパイプが出来てチャネリングが可能になり、高次元のガイドという意識wお持ったエネルギー的な存在から情報を受け取ることが出来るようになりました。そしてガイドのエネルギーを感じ取り体感することになりました。

むしろ、ここまで調べてみるとチャネリングが嘘だと証明できず、ガイドの存在も否定できなくなりました。証明できない以上はチャネリングは嘘ではなく、完全ではなくとも科学的に証明されつつあるものだと分かりました。

伝授

チャネリング伝授へ

私のチャネラーとしての道はここで始まったわけですが、今では経験と知識を生かしてチャネリングを伝授させていただく立場になりました。本質を突き詰めて調べてきたからこそ、できる本質のチャネリング伝授をさせていただいています。

本当にたくさんの時間とお金を使ってきたからこそ、辿り着けたテクニックや固定観念に左右されない本質のチャネリングを、シンプルにダイレクトに伝授させていただいています。中には本当に嘘を並べているところもありましたので、ここまでお読みいただいたあなたには、そんな遠回りをせずに最短ルートでチャネリングが出来るようになっていただけたらと思います。

そこで古より受け継がれてきた叡智と言えるチャネリングをアチューメントによる伝授と、シンプルで確実に実践できるメソッドによって、誰もがガイドに繋がってメッセージを受け取れるようになっていただくための、最高の環境を整えさせていただきました。「チャネリングなんて嘘に違いない」と言っていたのが本当に嘘のようです。

私自身がガイドに繋がってメッセージを受け取って活かすことにより、確実に人生の質を高めてきました。もともと私はスピリチュアルな能力が目覚めていたわけではなく、後天的にアチューメントとメソッドを習得することによってチャネリングができるようになったのです。誰にでもチャネリング能力があり出来ないというのであれば、まだその能力が眠っているだけなのです。

ですので、チャネリングをすでに信じていて、できるようになりたいと思っているあなたなら、少なくとも私よりもずっとスムーズに能力を開いてできるようになります。もちろん私は伝授をさせていただいた後もアフターフォローをしています。

 

メルマガ登録

関連記事

  1. チャネリングで変わるあなたの毎日

  2. チャネリングとヒーリングの相乗効果!

  3. チャネリング-やり方-練習方法

    チャネリング伝授特別版 受付中

  4. チャネリングを習ったのに出来ない理由とは? 解決方法は?

  5. 「そんなチャネラー、何の役にも立たないやん!」(笑)

  6. 限界突破と意図

  7. 伝授

    チャネリングは誰でも出来るってほんと?

  8. チャネリングのコツは?