ハイヤーセルフと繋がる!レイキでコンタクトが出来る!

ハイヤーセルフと繋がる、コンタクトをとるというと、
どうやったらいいのか、やり方が分からない方が多いと思います。

しかし、ハイヤーセルフは高次元部分の自分自身に他ならないので、
実は常に繋がっている、自分自身がハイヤーセルフだということができます。

ハイヤーセルフと繋がってコンタクトをとるいう事は、
自分自身をより深く知る事に他なりません。

それを可能にするのがレイキです。

レイキを1日の始まりと終わりに使うことで、
ハイヤーセルフとの繋がりを強くすることができるのです。

一日の始まりに

まず朝起きた時、ハイヤーセルフとの繋がりを強くしましょう。

空中に大光明を書きます。
そして合掌をしてハイヤーセルフからの愛と光を感じながら、
アファメーションを唱えます。

・アファメーションの一例

今日1日、私はハイヤーセルフの導きによって、すべきことを正しく行います。
私は全てにおいて成長し、愛と癒しの光に包まれて過ごすことができます。

一日の終わりに

一日の終わりにも空中に大光明を書きます。
そして合掌し、ハイヤーセルフからの愛と光を感じながら、
アファメーションを唱えます。

・アファメーションの一例

今日1日、私はハイヤーセルフの導きがあったことを心から感謝します。
私は全てにおいて成長し、愛と癒しの光に包まれて過ごすことができます。

アファメーションはアレンジOK

上記ではアファメーションを「一例」としています。
このとおりに唱えていただければ結構ですが、ご自身でアレンジしていただくのもおすすめです。

内容に差異がなければご自分の言葉で、心に響く言葉の方がよいでしょう。

ハイヤーセルフとのつながりが強くなることで、
日々の生活をより豊かな心で過ごすことが出来るようになります。

また、何かの選択の時に、その時の自分に相応しい、
ベストな選択ができるようにもなります。

レイキには、このようなスピリチュアルなメソッドもたくさんあります。
状況に応じて様々なことができますので、レイキを習得されたらどんどん活用してください。

メッセージはどんな風にやってくる?

ハイヤーセルフからのメッセージは、ダイレクトに言葉として聞こえるという人もいますが、
日常生活の中で実際に聞き取ることは難しいケースがほとんどです。

多くの場合、ハイヤーセルフからのメッセージは、感覚的です。

必要な情報がいろんな目にするものの情報の断片から得られることが多いです。
また、何か選択をする場面になった時に間違ったほうを選ぼうとすると、
大きな違和感を感じる、というように受け取ることが多いようです。

どのような形の受け取り方でも、共通するのが、
リラックスしていて、ニュートラルな心持ちでいるときほど、
正しくメッセージを受け取れるということです。

感情的になっているときなどは、
ハイヤーセルフからのメッセージも感情や固定感電でゆがめてしまうので、
正しく受け取ることが出来なくなってしまいます。

一日の始まりと終わりに、ハイヤーセルフとの繋がりを強めるためにアファメーションをしたら、
周囲との調和を大切にしながら、穏やかな心で一日を過ごすことを心掛けましょう。

関連記事

  1. 発霊法

  2. トラウマ(PTSD)の治し方は?レイキなら自分で出来る!

  3. レイキシャワーでセルフヒーリング。やり方は?

  4. レイキ(霊気・靈氣)でオーラの浄化

  5. エネルギー浄化 邪気切りのやり方

  6. レイキボックス

    霊気で願いが叶う!レイキボックスの作り方&やり方は?