レイキが誰でも出来る理由とは。

よくいただくご質問の中に、
「レイキを習ったんですが、できません。」
「どうしたらレイキがたくさん出るようになりますか?」

というものがあります。

レイキは習ったものの、十分な理解が出来ていない場合もあります。

まず、結論から言いますと、レイキをできない人はいません。
100%すべての人ができます。

なぜかというと、レイキは全ての人に必ず流れている、生命エネルギーだからです。

また、人だけでなく動物や植物にもレイキは流れています。

ただ、人によって元々流れている量は違いますし、
その時の心身の状態などによって多くも少なくもなります。

少なくなる原因となるものは、マイナスの感情や心身の歪みです。
また、自分にはできない、難しいという考えでもエネルギーが少なくなります。

しかし、もともと人の体に流れているエネルギーなので、
あくまで少なくなるだけでレイキは確実に流れているのです。

心身に不調があれば、レイキが使われて回復するのです。

ちょっとした怪我や病気はもちろん、心にも働きかけます。

ここで誤解がないようにしたいのが、
レイキは創り出すものではなく、流れているものということです。

人や動物、植物にはレイキが流れていますが、
大気中にもレイキが満ちているのです。

そのエネルギーを手や意念によって対象に送るのがレイキヒーリングです。

レイキはヒーラーをパイプとして相手の方に伝わるものなので、
自分がもともと持っているレイキが減ることはありません。

減った分は大気中のレイキを取り入れて補完されますので、
レイキヒーリングをすることで疲れたり、エネルギー不足になることはないのです。

レイキヒーリングはとてもシンプルです。

ただ手を当てたり、かざしたり、遠隔で繋がるだけなのです。

特に、治ってもらいたいとか、変わってほしいとか考える必要はありません。

また、そうして考えてしまうのは、ヒーラー側の「念」になりますので、
レイキヒーリングではなくなってきてしまうのです。

ただ、手を当ててとことんリラックスするだけでいいのです。

レイキが流れているのかどうなのか、感覚で分からないという方もいらっしゃいすが、
ここまでお読みいただいたら、

感じていなくてもレイキは流れている、ということがお分かりいただけるでしょう。

この点を理解していただくことで、レイキが出来ない、流れていないのでは、
という心配はなくなるかと思います。

正しい理解は正しいエネルギーの働きをもたらします。

伝授の際には、これを体感していただきながら、実践できるようにお伝えしていきます。

あなたは、かならずレイキを感じてヒーリングできるようになります。

関連記事

  1. レイキの効果を実感する3つのポイント

  2. 【本日終了】レイキ、エネルギーを送るのは間違い?!

  3. ナース

    レイキでうつ病、パニック障害は克服できるか?

  4. 直傳靈氣とは

  5. レイキは感じていなくても流れている

  6. レイキ-霊気-やり方

    レイキ(霊気・靈氣)のやり方※最新情報追加

  7. 発霊法 やり方 効果

    発霊法って?やり方と効果は?

  8. チャネリング やり方 練習方法

    レイキは今だからこそ必要