レイキ シンボル マントラ 効果 意味

レイキのシンボル&マントラ。その意味と効果は?

※2017年4月12日 加筆、修正しました

シンボルって?マントラって?

レイキヒーリングでは、シンボルとマントラを使います。シンボルというのは、記号や図形によって特定のエネルギーを呼びたす為のツールです。レイキでは宇宙に偏在するエネルギーをとチャンネルを合わせて使えるようにするものだとお考えください。

シンボルは、特定のエネルギーを使う為に使います。それぞれに意味があり、エネルギーに違いがあります。エネルギーを集めたり動かしたりするのには、形状波動が効果的です。その代表的なものが、五芒星や六芒星などです。パワーを高めたり、マイナスエネルギーから守る効果があることで知られています。

マントラは真言、呪文、言霊とも言いかえることが出来ます。音によって特定のエネルギーを集めたり動かしたりする為に使われます。密教の真言もそうですし、ティンシャや音叉などの道具で特定の音を出すと、それと共鳴するエネルギーを集めることが出来ます。

シ ンボルとマントラは、本来別々のものなのですが、同時に使うことで相乗的に効果を発揮すると考えていいでしょう。最初はシンボルとマントラを使って、レイキのそれぞれのエネルギーを呼び出して使うことになりますが、習熟するとどちらかだけでも、またはどちらもなくてもその波動を呼び出せるように なります。

流派によって意味づけ、解釈の違いはあっても、レイキのシンボル・マントラの本質は変わりません。

レイキのシンボル・マントラの使い方

それぞれのシンボルには意味があり、特定の波動があります。これはあくまで基本であり、全てではありません。そのシンボル・マントラを使う人のイメージ、想像力によって大きくも小さくもなります。シンボル、マントラを使えば特定の方向性と意味を持ったエネルギーを使えますが、その大きさや広がり、奥行きは使う人によって変わります。

例えば宇宙をイメージしてください、と言われて、真っ暗な空間に浮かんでいる自分をイメージする人がいます。
同じことを言われて、宇宙の中心にある大質量のエネルギーと、無数に存在する星々とそこに存在する多くの意識体たち、この瞬間にも広がっていく、生きて質感を持った宇宙をイメージする人がいます。

どちらがより大きなエネルギーを動かせるか、わかりますね。
シンボル、マントラは使う人がどのような意味を与えるか、どんなイメージを持って創るかで、大きく変わります。

イメージ(想像)することは創造です。波動レベルが高い人が「光あれ」と意図したら、そこに光が生まれます。

レイキのシンボル・マントラにはいろんな意味合いがあります。いろんな流派があって、それぞれに違った解釈がありますが、これはフォーカスするポイントの違いに過ぎません。

基本的なエネルギーをつかんだら、あとはあなた次第でどのようにもエネルギーの性質を変えることが出来ます。

レイキでは指先や視線で書く間に、三回マントラを唱えます。書くのは自分の膝や目の前の空間、手の平の上が分かりやすいでしょう。指先 で書いたり、視線で書いたり、手のひら全体で大きく書くのもいいでしょう。慣れてくると、離れた場所に視線を向けるだけで、シンボルのエネルギーを創る事 ができます。

第一シンボル~超空霊~

chokurei
第一シンボルは「超空霊(ちょうくうれい)」です。
「力」のエネルギーです。

特定の場所やものにエネルギーを集めてパワーアップする働きがあります。浄化力も高いので、薄暗く感じる場所に創ることで空間の浄化をすることができます。

○色:赤
○対応する体の部位:下丹田
○象徴:地球、火、力、陽、グラウンディング
○効果:エネルギーの活性、パワーアップ
○特徴:宇宙エネルギーとの繋がり、支配、創造
○こんな時に:空間の浄化、食べ物をパワーアップ、水を浄化、気合を入れる、マイナスエネルギーの浄化、エネルギー的な防御、実力を発揮する

第二シンボル~聖壁~

seiheki
第二シンボルは「聖壁(せいへき)」です。
「調和」エネルギーです。

特に感情や意識面に働きかけて、バランスを崩してしまったところに調和を取り戻し、正常な状態へ戻す働きがあります。

トラウマやカルマの浄化にも用いることができます。自分自身の心の深い部分に降りて行って、過去の心の傷を癒したりするときに、性癖が効果的です。

○色:緑
○対応する体の部位:中丹田
○象徴:月、水、感情、陰、調和、
○効果:感情を穏やかにする、トラウマの解放、カルマの浄化
○特徴:感情面のバランス、人間的な成長
○こんな時に:心の疲れ、ストレス解消、ハートのヒーリング、精神の安定、感情を穏やかにする、人間関係をスムーズに、許し、受容、執着を手放す、悪習慣やマイナス思考からの脱却。

第三シンボル~本者是正念~

honjyazeshonenhonjyazesyonen_write
第三シンボルは「本者是正念(ほんじゃぜしょうねん)」です。
時空超越、本質のエネルギーです。

離れた場所や、過去や未来など時間の概念を超えたところへフォーカスしてエネルギーを送ります。
意識や感情よりも深い、無意識、魂の領域に働きかけます。

人としての自分から本質の自分に立ち戻って、すべてをありのままで受け入れ、認めます。
根本的な変容と超越をもたらします。

○色:藍色、紫
○対応する体の部位:背骨、松果体
○象徴:精神、魂、本質の自分、超越
○効果:感情を穏やかにする、トラウマの解放、カルマの浄化
○特徴:感情に左右されず本質を観る、霊的な成長
○こんな時に:離れた場所からヒーリング、自宅から出かける先へ光を送る、過去をマイナス感情を癒して手放す

第四シンボル~大光明~

daikoumou

第四シンボル~大光明~

第四シンボルは「大光明(だいこうみょう)」です。
レイキのマスターシンボルであり、根源的な光そのものです。

すべてのシンボルは、太陽の光をプリズムで分けるようにして大光明から取り出されたものです。
その為、第一から第三までのシンボルの力をすべて含みます。

高次との繋がりを強めます。

○色:白
○対応する体の部位:全身、全チャクラ
○象徴:宇宙、神、天
○効果:パワー、バランス、本質、
○特徴:統合、昇華
○こんな時に:セルフヒーリング、瞑想、ヨガ、大事な決断や選択の時、ハイヤーセルフ、活路を開く

レイキのシンボル、マントラの効果を体感するには 

レイキはアチューンメントを受ければ、その日から使ってヒーリングできるようになります。

しかし、習得したのはいいものの、いつしかまったく使わなくなってしまう方がたくさんおられます。私のところへレイキのアチューンメントを受けに来られる方の半分は、他所でレイキのアチューンメントを受けられたかたなのです。

「ヒーリングをしていても本当に相手の方に必要な癒しが起きているのかわからないし、セルフヒーリングをしても効果を感じない。。。」と悩んでらっしゃる方は、実はとても多いのです。エネルギーの体感がなければ、確かに効果も体感しにくいのかもしれません。

ただ、ここで私が思うのは、アチューンメントさえ受けたらその日からヒーラーになれる!という触れ込みは、正しいのですが、間違いを含むこともあるのです。確かにレイキはアチューンメントを受ければ、ヒーリングができるようになります。

シンボルとマントラは、レイキのエネルギーを体感するかしないかに関わらず、必要なところへ送る働きをするので、確かにヒーリングできます。自分でヒーリングを楽しんでいる分にはそれでもいいかと思いますが、ヒーラーとなると話は違ってきます。

ヒーラーとしてエネルギーを感じて、相手の中で何が起こっているかを感じ取るには、少なからず、練習が必要になると考えます。エネルギーを感じて、どのような変化が起こったのかを感じることができて、始めて効果を体感できるのだと思います。

エネルギーをありありと自分の中で感じて、そのためには、まずは「気を感じること」が本当に大事なのです。

効果を体感するために大切なこと

レイキを確かに感じて使うためには、大切な2つの効果的なトレーニングがあります。

1.発霊法

西洋レイキのレベル1、もしくは2で習いますが、発霊法とは、レイキのエネルギーを高めて、より多く手から出すための方法です。やり方自体はとても簡単なので、誰でもすぐにやることができます。

出来れば1日30分程度毎日やっていると、レイキエネルギーが自分の中で高まるのを感じますので、ぜひやってみてください。

発霊法のやり方はこちらでご紹介しています

2.セルフヒーリングをしましょう。

西洋レイキでは、アチューンメントを受けたら、まずはセルフヒーリングをするように勧めるところが多いようです。セルフヒーリングをするのには、自分自身を癒すためという目的がありますが、もうひとつ大切な理由があるからです。それは、自分自身をヒーリングして、身体の中で起こるエネルギー的な変化を体感するためです。

自分のエネルギーの滞り、ヒーリングをすることでそれがどのようになるのかを体感することで、人にヒーリングをするようになった時に、相手の方に起こった変化も確かに感じ取り、それを伝えられるからです。

感じて、自分を癒すために

気 感じる エネルギー 動かす

ここまで読まれたら、レイキをすでに習得済みの方は、ご自身で出来るかと思います、自分だけの力でやっていても、なかなかシンボルの効果を感じるようにならない、ということもあるでしょう。

これからレイキを学びたいと思ってらっしゃる方には、アチューンメントを受ける前に、「気感のアチューンメント」で気を感じて動かすことをまず体験していただけます。これは、誰にでも気を感じて動かしていただくために、私が改良に改良を重ねて誕生したメソッドによるアチューンメントです。

ぜひ、ご活用ください。

気感のアチューンメントの詳しいことはこちら

ご不明な点などございましたら、こちらから遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

PAGE TOP