オーラは練習・訓練で見える?見える人の特徴は?

「オーラが見える」というと、
特殊な能力があるように思われがちですが、
実は誰にでも、簡単な訓練をすることで
見えるようになるのです。

もともと、
幼いころからオーラが見えていた、
という人もいますが、
そういう人はごくわずかです。

オーラが見えるという人のほとんどは、
何らかの方法で訓練をして
見れるようになるのです。

訓練といっても、
ちょっとしたコツをつかめば
誰にでも出来ることだったりします。

最初はぼんやり白く見えるオーラも、
練習すれば色まではっきりと
見えるようになります。

そもそも、
オーラは誰にでもあるエネルギーですので、
色、広がりなどの状態は常に変化し続けています。

人のオーラが見えるようになると、
その人の心の状態や健康状態なども分かって、
人間関係を良くするために
活用しやすくなります。

ですが、人のオーラを見る前に、
まずは自分のオーラを見れるように
なっていきましょう。

オーラ自体を誰もが持っているので、
誰でも見ることが出来るのです。

特別な訓練や修行が必要だと
思われるかもしれませんが、
ちょっとしたコツが分かれば、
とても簡単です。

オーラが見えるようになる
セミナーなどもあるようですが。
自分で練習すれば見えるようになるので、
やってみましょう。

練習の準備

まず、
オーラを見る練習をするための
環境を整えましょう。

慣れないうちは、
暗い場所の方が見えやすいので、
カーテンを閉めて電気を消して、
部屋を暗くしましょう。

オーラを見る練習は、
暗いところでした方が
余計なものが視界に入らない分、
視覚的に認識しやすいので、
このようにします。

慣れてくれば、
明るいところでも見えるように
なります。

さあ、オーラを見てみよう!

オーラを見るためにはコツがあります。
これさえ出来てしまえば、あとは
練習を積み重ねることで、
どんどん見えるようになってきます。

楽しみながらやってみましょう。

まず、
自分の手を無地の壁に着けてみてください。

膝の上に置いたり、
宙に浮いたようにしていただいてもOKです。

見るのは、
右手でも左手でもお好きな方でOKです。

さてそれでは、
手のオーラを見る練習をしましょう。

まず、手をぼーっと見て頂きます。

オーラを見る練習をするときは、
手を伸ばして30センチ以上は離した方が
見やすいでしょう。

オーラを見る時のポイント

この時に、
普通だと「手」そのものに
焦点を合わせて見ようとします。

しかし、
オーラを見る練習をするときには、
焦点をずらすのがポイントになります。

イメージとして分かりやすい例があります。
お釈迦様の仏像です。

目は開いているのですが、
はっきりと見ようとしているのではなく、
薄目を開けてぼんやりとみている感じですよね。

視力に頼らずに、
ぼんやりと全体を見ているあの感じが、
オーラを見る練習ではとっても重要な
ポイントになります。

そして、
オーラを見る練習で手を使う時には、
手を置いた周りの壁や周囲も同時に
見ることです。

とはいっても
なかなか難しかったりするのですが、
そういう時は、両目の視点を目と目の間に
寄せてみる方法があります。

両目の視点を目と目の間に持っていくと、
今まで見ていた手が二重に見えてきます。

そうしたら、
視点を少しずつもとに戻して、
手が少しぶれて見えるあたりで固定します。

すると、
手からぼんやりとした白いものが
出ているのが見えてきます。

これがオーラです。

始めはなんとなく見えるぐらいですが、
練習を積み重ねていると、どんどん
はっきりと見えるようになってくるので、
楽しいものです。

オーラを見る練習をする時の手の背景は、
出来るだけ無地の方が良いです。

派手な柄が入っていると、
そちらに意識がいくのでオーラを
見にくくなります。

慣れてきたら
パソコンのキーボード上に置いた手でも
練習出来ます。

パソコンのキーボードは黒が多いので、
オーラを見るよい練習スペースになります。

オーラを見て、活かそう!

最初はぼんやりとした
白い色に見えていたオーラも、
練習を繰り返していると、
色がついているのが分かるように
なってきます。

面白いもので、
オーラは精神状態や肉体的な
不調があれば、ダイレクトに
色が変化します。

全身が写る鏡を用意して、
全体のオーラを見てセルフチェック
なんていうのもお勧めです。

自分のオーラを見れるようになり、
人のオーラも見れるようになると、
今までは分からなかったことも、
見えるようになってきます。

どんどんオーラを見て、
活用しましょう!

オーラの色によるその人の特徴

オーラには虹の7色と同じように
いろんな色があります。

自分を見る時でもそうですが、
人を見る時にオーラの色を見ると、
その人の特徴や精神状態が
わかったりもします。

主な7色の特徴を以下にあげておきますので、
ご参考になさってください。

○赤色のオーラの人の特徴
行動的で現実的です。
曲がった事が嫌いで感情の起伏の激しさも持ち合わせます。

○橙色のオーラの人の特徴
創造的でパワフルです。

○黄色のオーラの人の特徴
明るく、生きる事を楽しみます。
繊細で、人の流されやすい面もあります。

○緑色のオーラの人の特徴
調和を大切にし、バランスが取れています。
人に合わせすぎてしまうことも。

○青色のオーラの人の特徴
情が熱く世話好き。

○藍色のオーラの人の特徴
落ち着いて思慮深く、理知的です。
自分にも人にも厳しく理解されにくいことも。

○紫色のオーラの人の特徴
カリスマ性が高く、先見性に優れます。
プライドが高く、弱みを見せようとしません。

○白色のオーラの人の特徴
崇高で純粋、そしてすべての特徴を合わせ持ちます。
何でも器用にこなしますが、影響を受けやすい面も。

オーラを見る訓練は楽しみながら♪

オーラを見る訓練で、
よりスピ―ディに見れるように
なりたいと思ったら、訓練や練習というよりも、
もっと楽しみながらその時々で変化する
オーラを見て、楽しむことです。

訓練することで
今までにできなかったことが出来るようになったり、
自分の新しい能力が目覚めるのは、
実際に体験してみれば、
とてもワクワクする楽しいことなはず!

少しでも出来るようになったら、
そんな自分をほめてあげましょう!

そうしたらどんどん可能性が広がって、
ますます訓練が楽しくなりますよ♪

 

メルマガ登録したのに届かないという時はこちら

関連記事

  1. 変化に対する3つのタイプ

  2. ルミナ 天地隆之 Lumina

    価値観を変えよう

  3. ルミナ Lumina 天地隆之

    生き甲斐

  4. 2017年は革命の一年!

  5. 願いを叶えるたった1つの大事なこと

  6. レイキを超えるルミナ。違いは何?

  7. ルミナ Lumina 天地隆之 

    ストレスをなくすたった1つのポイント

  8. 気功とレイキの効果、やり方の違い