気功とレイキの効果、やり方の違い

気功と霊気(レイキ)の共通点と違い

気功とレイキは、見えなえいエネルギーを使うという点で共通しています。しかしやり方はもちろん、詳しく見ていくと大きな違いがありますので、ここではその点を掘り下げて見たいと思います。

最大の共通点は、エネルギーを自分や人、空間などに送ることができると言う点です。気功でもレイキでも遠隔ヒーリングができる点も共通しています。

では、大きなやり方での違いは何かとというと、気功が自分の気を使うのに対して、レイキでは自分の気は使わないことがあげられます。気功で使う自分の気は、呼吸や動作によって気を強くして使います。レイキの場合は、自分がアンテナとなって、宇宙に遍在するレイキエネルギーを集めて使いますので、まずはエネルギーの出どころが違うということになります。

熟練した気功のヒーリングでは、相手がエネルギーを必要としているところへ、いつ、どれだけの強さで、どれぐらいの流れの速さで、という細部にまでわたって読み取りながら行います。それもかなり細かいです。

レイキの場合は、相手にさえ意識を合わせれば、あとは自分がレイキエネルギーのアンテナ、パイプになって、特に意識をしなくても相手にとって必要な場所へ、必要なだけ流すことができます。ここが、修練不要といわれるゆえんです。

どちらでもヒーリング効果はありますが、ヒーラー側から見ると、気功の場合は自分の気を消耗する可能性があるのに対して、レイキでは自分の気を消耗することはありません。むしろレイキはまず自分が宇宙からのエネルギーを集めるアンテナとなり、それからパイプとなって相手にエネルギーを送るので、疲れるどころか、逆に自分も癒されてすっきりするのです。

その点で、施術をする側から見れば、レイキの方が疲れることなくヒーリングできる利点があります。レイキが世界的に広まったのも、このメリットから代替医療に応用しやすいということがあるでしょう。

また、気功が鍛錬を必要とするのに対して、レイキはアチューンメントを受けてやり方を学んだら、初心者でもある程度効果的なヒーリングができる点も大きな違いでしょう。

レイキでは、アチューンメント(伝授)によってエネルギーの回路を開いて使えるようにします。そのために修行をしなくても、エネルギーを動かせます。それに対して気功は練習を重ねて自分の中で気を練り、大きくし、また相手の状態を感じるための方法も学んでいきます。

レイキのアチューンメントを受けたばかりの初心者ヒーラーと熟練レイキヒーラーでは、その効果には天と地ほどの違いができます。それは、レイキは使えば使うほどエネルギーが強く、大きくなるからです。アチューンメントを受けた後で、レイキを毎日のように使っていた人と、ほとんど使っていない人では、やり方は同じでもその効果の出方には大きな違いができるのです。

それでも、初心者でもある程度の効果を出すことができるのは、とても大きなメリットといえます。気功の場合は、ある程度の鍛錬をして気を感じ、自分の中で練って強くできないと、効果的な施術はできないと考えていいでしょう。

レイキはアチューンメントを受ければ、すぐにヒーリングができるのがメリットですが、相手の気の流れが滞っているところを見つけて、そこを重点的にヒーリングするなどは、やはりレイキの初心者には難しいでしょう。

気を感じる点での違い

気功、レイキ、効果とやり方の違い

レイキでも気功でも、練習すれば自分の気を感じ、相手の気を感じることができます。しかし、自分の中で気を高めてそれをヒーリングに使う気功の方が、習得していく過程で感覚も研ぎ澄まされていくので、エネルギーとして感じると言う点では上でしょう。

レイキでも発霊法などによって気を高める方法がありますが、ヒーリングをより効果的にするためのセルフメンテナンスの域を出ないことが多いようです。人によっては発霊法を積極的に行ってレイキエネルギーとのつながりを強くしようと、鍛錬されています。発霊法を行うと、レイキのエネルギーが高まって、より効果的なヒーリングができるからです。

しかし、こちらが特に意識していなくても自動的に癒しが起こるというレイキでは、修行不要で爆発的に世界に広まった経緯もあって、体感することに必要性を感じなくなるのは、自然なことなのかもしれません。

流派によっては発霊法をさらに発展させて、より気を高めて感じやすい状態にすることがありますが、主流となっている西洋レイキでは、あまり重要視されていないのが現状です。

その点、気功では体を動かして気を練り、高めることをするので、自然と自分の体の感覚にフォーカスして、気を感じ取れるようになっていきます。もちろん、一朝一夕にできるというものではないようですが、気功のほうが、より確かにエネルギーを感じて、意図したとおりに動かすことができます。

同じレイキでも流派によって違いがある?

さて、ここまで気功とレイキの違いについてお話してきましたが、実は同じレイキと言っても、様々な部分で違いがあります。もともとは臼井甕男先生が鞍馬山で感得されたのが大元になるのですが、その後、日本国内で伝えられてきたものと、海外で発展したもので、それぞれに違いがあるのです。

日本で伝統的に伝えられてきた霊気(レイキ)では、病腺といって相手の不調な部分を感じ取ってヒーリングをします。これは伝統霊気が「病や怪我の治癒」を目的としていることによります。

それに対して西洋に伝わって発展したレイキでは、どちらかといえば、スピリチュアルな面が強く出ており、ヒーリング(癒し)という考えが強いようです。そのために、病腺を感じ取るkとおや、発霊法といったメソッドが消えて伝わっていたりもします。

こうしてみると、どちらが優れている、といいう話にもなりやすいのですが、伝統的なレイキでも西洋レイキでも、真剣に向き合って修練を重ねれば、効果に違いはありません。

ヒーリングをして消耗する?しない?

ずばり、気功は消耗します。レイキは消耗しません。レイキをしていてヒーラーが疲れるという場合は、正しい方法で出来ておらずに、自分の気を送っているのだと理解していただいてよいでしょう。

気功では自分のを高めて相手に送ります。達人にもなれば気功でもまったく消耗せずにヒーリングでききるかと思いますが、自分の中から流れ出した気を、まだ自分の中で練ったり、取り込んだりするので、完全に消耗しない、というころはありません。

そこへいくと、レイキの場合は、自分がパイプとなって宇宙エネルギーを流すだけなので、相手のマイナスエネルギーの影響を受けにくいのです。

そのために、レイキの場合、完全に消耗しない、相手のマイナスエネルギーの影響を受けない、と言いたいところですが、そうではありません。ヒーリング中はエネルギー的なリンクができているので、相手が持っているマイナスエネルギーが自分よりも強い波動でしたら、影響をうけることになるでしょう。

自分自身の波動レベルの違いで、影響を受けるレベルが変わるのは同じですが、気功とレイキのどちらが疲れないかと言えば、間違いなくレイキです。

どちらにしろ、自分自身の波動レベルを高めようと鍛錬をした方がいいのは、同じですね。

医療?それともスピリチュアル?

世界中で、気功をされる方とレイキをされる方を比べたら、レイキのほうが圧倒的に多いでしょう。

中国に起源を持つ気功には様々な流派があり、メソッドもそれぞれなのですが、基本的にどの流派であっても、ある程度の間修練を重ねて、気を練り、使うことはもちろん、人体で経絡がどこにあるのか、ということも学んでいくようです。

経絡は鍼灸治療でも用いられる概念で、そのために経絡をはじめとする複雑な人体の構造も学んでいくことになります。もちろん流派によってはそういう医学的な側面を教えていないところもあるかと思いますが、人体から発せられる気がどのようなもので、どこから来るのかということを考えるので、心身の不調も相乗からどこに原因があるのかということも読み取るようです。

一方レイキは、西洋レイキで伝えられる12ポジションはありますが、そこまで気功ほど詳しく体の構造まで知る必要はありません。

実際に、人体にはチャクラや経絡だけでなく、さらに微細なエネルギーが通るラインやアンテナとなるポイントもあります。そして、最近のスピリチュアルブームで知られるようになった、オーラもありますね。

肉体的な面からアプローチをしようとすると、身体の特定のポイントに関連付けられている経絡が有効で、これは気功の概念に取り入れられているので肉体的なアプローチは気功の得意分野だと考えることができます。

しかし、そこからオーラなどの肉体に関連付けられないものについては、レイキの得意分野だといえます。もともとレイキが宇宙に遍在する高次のエネルギーによって起こす癒しです。そのメソッドも、西洋で広まるうちにアメリカの民間医療やイギリスのスピリチュアルヒーリングなどの影響も受けて発展したので、メソッドを紐解けば、チャクラやオーラに関連するものが多いのです。

こうしてみると、それぞれの発展の経緯や伝えられ方などから、気功は医療寄り、レイキはスピリチュアル寄りだと考えることができます。

ただし、ここでいうレイキは西洋レイキのもので、伝統的な霊気は心身の不調を「治療する」ことを目的としているので、伝統的な霊気はスピリチュアルよりも医療よりだといえます。

気感のアチューンメント

レイキと気功では、それぞれに、長所もあれば短所もあります。しかし、どちらがいいかという問題ではなく、特徴の違いになります。その両方のよい部分をひとつにし、メソッド化できないものかと思い、編み出されたのが、気感のアチューンメントです。

気感とは、「気を感じる」ことで、本来は誰でもその能力があるのですが、その方法はもちろん学校教育の中であるわけではありませんし、本をちょっと読んだからいってすぐにはできるものではありません。そのために、何らかの形で気感を習得する必要があるのですが、レイキにしろ気功にしろ、それなりに時間を必要とします。

それを、エネルギーヒーリングで行われるように、アチューンメントによって気感を開いて、簡単なメソッドによって高めることができるようにしたのが、「気感のアチューンメントです。」

気感のアチューンメントでは、まずヒーリングで使われるアチューンメントと呼ばれるメソッドによって、気を感じられるようにします。そして、気を感じる状態にしてから、自分の気を感じ、動かし、大きくする方法までをお伝えしています。

これによって、初心者の方や今までにエネルギーを感じたことがなかった人でも、確かに気を感じて自分の中で動かせるようになります。

気感のアチューンメントの詳しいことはこちらからご覧くださいませ。

 

鞍馬 レイキ アチューンメント 伝授
レイキのファーストからサードまでを、
1日でご自宅にいながらすべて習得できます。
今日から自分も大切な人も癒せるヒーラーになれます!
詳しくはこちらから

ルミナヒーリング
シンボルもマントラも必要必要ありません。
本質の光の存在としてのあなたに立ち戻って行うルミナヒーリング。
今、この瞬間に幸せを感じるため、波動アップのために光のアチューンメントも同時に!
詳しくはこちらから

healing_stepmail-768x432

これからレイキの伝授を受けようとする方はもちろん、
これからもっとレイキを活用しようと思ってらっしゃる方にも
すぐに活用できる情報を惜しげもなく公開中!!
詳しいことを知りたいあなたは、今すぐにこちらから登録!

関連記事

  1. レイキ(霊気)と人、小宇宙、大宇宙

  2. 2017年は革命の一年!

  3. レイキでお母さまが歩けるようになりました

  4. ウエサク祭はパワースポット鞍馬で受ける祝福

  5. 西洋レイキと直伝霊気の違いは?

  6. 40代独身女性の生きがいとは

    40代独身女性の生きがいは?

  7. うつ病で仕事に行けない期間の7つの過ごし方

  8. ヒーリングしっぱなしは危険?