チャネリングで受け取るメッセージは声?映像?

チャネリングをすると、
神々や天使、アセンデッドマスター、
または宇宙意識体などから、望んだ時に
「いつでも」メッセージを受け取ることができます。

すると、
「チャネリングって確か、
 深い瞑想状態にならなきゃできないから
 望んだ時にいつでも、って違うんじゃない?」
というご質問をいただくこともあります。

実際にこれは、
私が正しくチャネリングの方法を学ぶまで
同じ疑問を持ったことがありますし、
大事なところだと思います。

結論として、
道をてくてくと歩いているときであっても
チャネリングでガイドから受け取れます。

仕事中に、
目の前にクライアントさんがいらっしゃって、
相談を受けながらでもできます。

本当に、いつでもどこでもできるのです。

そこで、
メッセージを受け取るのは
声なのか、映像なのか、ということを、
ここでお伝えいたします。

メッセージというからには、
声が聞こえて受け取るのか、と考えがちですが
実際には映像が見えたり、匂いや味で感じたり、
感情として受け取ることがあります。

もう少し具体的に、端的にいうと、
以下の7つの情報の受け取り方があります。

・視覚
・聴覚
・嗅覚
・味覚
・触覚
・感情
・知性

普段、私たちが使っている感覚と同じです。

一般的には「五感」ということが言われますが、
これは物理的な肉体感覚だと5つということで、
エネルギー的に見た感情や知性も感覚として
あげることができます。

実際にガイドから情報を受け取るときには、
このうちの、どれかひとつの場合もあれば、
いくつかの感覚の組み合わせの場合もあります。

例えば、
声としてメッセージを受け取るなら、
聴覚と同時にそれを理解するための知性や
感情も使うことになります。

ガイドが私たちから問いかけに対して、
「見せたほうが分かりやすい」場合には、
メッセージは映像として受け取ることになります。

もしその映像がどこかの大自然の風景なら、
そこで聞こえてくる鳥のさえずりや、波音が
聞こえてくることもあるでしょう。

もしかしたら、
そんなにいろんな形で情報を受け取るって
すごく難しいんじゃないんだろうか?と
あなたの心の中に不安の種がむくむくと
頭をもたげるかもしれません。

ですが、心配はいりませんので
安心してください。

これはとても大事な部分になりますので、
伝授の際にはこのことを重点的に、じっくりと
実践をしていただけるからです。

だからこそ、
私からチャネリングの伝授をお受けいただいたら、
自分のどの感覚を使って、どうやって情報として
認識できるのかが分かり、実践できるチャネラーに
なっていただけるのです。

 

関連記事

  1. ハイヤーセルフ統合【リユニオン】

  2. レイキ(霊気、靈氣)はスピリチュアル?リアル?

  3. 今まで以上にヒーリング

  4. 7:The Chariot(チャリオット 戦車

  5. ルミナヒーリング&チャネリング伝授

  6. メールが届かない、という時はチェックしてください

  7. ありがとうをアウトプット

  8. ルミナヒーリングなら相手からのエネルギーの影響は受けません