レイキって何?起源は?

レイキは日本で誕生したヒーリングメソッドで
レイキというエネルギーを使います。

レイキでは、シンボルという形状波動と
マントラと呼ばれる音派波動によって
特定の方向性を持ったエネルギーを表現します。

シンボルの中には梵字に似ているものがあり、
レイキのルーツはチベット密教にあるのでは?
と考える人もいます。

ですが、レイキのような手当て療法は
実に数千年も前から存在するので、
一概にチベット密教と関係がある、とは
言えないのです。

レイキという言葉自体もレイキヒーリング誕生以前あり、
目には見えない力のことが「レイキ」または
「レイシ」と呼ばれていたことが分かっています。

1910年には田中守平氏が
「霊子療法」を用いて手当て療法を行なっていました。

1919年には川上又次氏が、
レイキ療法に関する本を発行して
治療や伝授を行なっていました。

1922年に臼井甕男氏が鞍馬山で断食瞑想の末
レイキを感得して、 現在伝わるレイキの原型となる
「心身改善臼井霊気療法」が確立されました。

このようにレイキのルーツがなんなのか?
ということを不確定要素の中から突き詰めるよりも
もっと重要なことがあるとすれば、

レイキをどう使うか?何のために使うか?

という事だと、私は考えています。

なぜなら「レイキ」である以上は、
そのエネルギーの源は変わらないからです。

そして何よりも大切なのは
あなたがレイキを入り口として
ヒーリングの本質にたどり着くことではないか?
と考えるのです。

私がお伝えするのは、
臼井甕男氏が伝えた方法がベースになったメソッドです。

田中守平氏や、川上又次氏が伝えていた方法を
そのまま学べるところは見つかっていません。

臼井甕男氏が伝えたレイキでは
肉体、精神、意識面のそれぞれに効果的に、
シンプルに働きかけるメソッドが確立されています。

そして効果を体感しやすいというメリットがあります。

私がお伝えしているクラマレイキは
臼井甕男氏が伝えたレイキをベースにして

肉体的な問題を「怪我」と「病気」に分けて
アプローチ法を変えています。

さらに臼井先生が求めた完全な安心立命を表現する
幻の第五シンボルまでお伝えしています。

それだけでなく、レイキを人類にもたらした
サナトクマラとの繋がりを確立する尊天靈授もあり

あなたがいる部屋は施術の際の場所を
パワースポットにすることも出来ます。

ぜひ、レイキをより深いレベルで使えるようになりたいのでしたら
クラマレイキの伝授をお受けくださいね。

クラマレイキなら、マスター伝授から独立開業まで
最短ルートで可能です。

 

 

関連記事

  1. 【1分で完了】プレゼント付きアンケートのお願い

  2. レイキ(霊気、靈氣)はスピリチュアル?リアル?

  3. ヒーリングで泣き止む

  4. ルミナLv2でヒーリングの新次元へ!

  5. ようやくひと段落

  6. 丹田&センタリングって?

  7. レイキマニュアルをアップデートしました

  8. 【あと5日】本当に必要なもの、見えてますか?