ヒーリングしっぱなしは危険?

ヒーリングをする時に、相手の方が必要なだけ、必要な時に受け取れるようにと、
言ってみればつなぎっぱなしの状態にすることもあります。

ヒーリングのはじめと終わりはしっかり意図するのは、慣れていないうちは必要です。

というのは、自分自身の波動調整、ヒーリングの習熟度合いが関わるからです。

いつでも、高い波動を維持できるようになっていれば問題ありません。
実際にそうしてフルタイムでヒーリングをしてらっしゃるヒーラーの方もたくさんいらっしゃいます。

霊気を流そう、ルミナをしようとするとヒーリングのエネルギーが流れます。

常につながりっぱなしの状態ですと、気を抜いている瞬間や自分の波動が落ちた瞬間に、
ヒーリングエネルギーではなく、自分の「気」が送られることになります。

自分の気は意識すれば練って大きくすることもできますが、気を抜いた時、波動が落ちた時というのは、
おそらくそれも出来ていない状態です。体調が思わしくない時もそうです。

そういう時は、自分自身が大変消耗してしまうことになります。
また、自身の波動が落ちたことで生まれたり、受けたマイナスエネルギーが相手に送られることもあります。

よかれと思ってしているヒーリングが、裏目に出てしまうのは避けたいですよね。

経験を積んで自分のエネルギーと、
相手が必要としているエネルギーのバランスが読めるようになっていれば、問題はありません。

無理なヒーリングでご自身が体調を崩されることはないでしょうから。

充分に習熟されるまで、はじめと終わりはしっかり意図しましょう。

 

 

これからレイキの伝授を受けようとする方はもちろん、
これからもっとレイキを活用しようと思ってらっしゃる方にも
すぐに活用できる情報を惜しげもなく公開中!!
詳しいことを知りたいあなたは、今すぐにこちらから登録!

鞍馬 レイキ アチューンメント 伝授

レイキのファーストからサードまでを、
1日でご自宅にいながらすべて習得できます。
今日から自分も大切な人も癒せるヒーラーになれます!
詳しくはこちらから

ルミナヒーリング
シンボルもマントラも必要必要ありません。
本質の光の存在としてのあなたに立ち戻って行うルミナヒーリング。
今、この瞬間に幸せを感じるため、波動アップのために光のアチューンメントも同時に!
詳しくはこちらから

 

気感のアチューンメント

気を感じることは、特別な能力のように感じられますが、
実は誰にでもできことなのです。
その能力をアチューンメントで開き、同時にメソッドもお伝えします。
詳しくはこちらから

 

これからレイキの伝授を受けようとする方はもちろん、
これからもっとレイキを活用しようと思ってらっしゃる方にも
すぐに活用できる情報を惜しげもなく公開中!!
詳しいことを知りたいあなたは、今すぐにこちらから登録!

PAGE TOP